ランキングに参加中! 一日一回「ぽちっとな」していただけると 元気がでます!ぴかぴか(新しい) にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

2011年06月18日

la locanda di don antonioで朝食と散歩

2011_0607日々0162.JPG2011_0607日々0189.JPG2011_0607日々0164.JPG2011_0607日々0175.JPG2011_0607日々0182.JPG2011_0607日々0188.JPG2011_0608日々0002.JPG2011_0608日々0003.JPG2011_0608日々0004.JPG2011_0608日々0006.JPG2011_0608日々0011.JPG2011_0608日々0015.JPG

6/7(火)
朝食は8時からだったので30分ほどアルベロベッロをお散歩。

観光地化されていてとても綺麗な町ですが、朝から多くの清掃員が掃除をしていました。

清掃車までかわいい。

アルベロベッロは超田舎ですが、このトゥルッリが並ぶ地域は世界遺産に指定されています。
そのトゥルッリに泊まる事ができてとても幸せでした。

トゥルッリを貸している事務所と提携しているというは、朝食を頂くのがレストランになっていて
それが、行きたかった「la locanda di don antonio」でした。

まぁまぁ種類が豊富で、お店に焼きたてのパンが丁度運ばれてきました。
甘いクロワッサンじゃなくて普通のもあってよかった。

で、朝食を終えて、迎えの車が来るまでお土産探索第二段です。

朝食をしたレストランのほど近くに、ディスカウントストアといかスーパーがあった。

中には、スーパーにハム・チーズの専門店が入っている感じ。

僕は、ここで、リゾットのレトルトとポルチーニとお菓子、イタリアの調理器具を買った。

ポルチーニはここが一番安かったな。おかんは調味料も買ってた。

温泉街みたいな規模でお土産屋さんが軒を連ねてるんですが、

僕が気に入ったのは、皮のベルト屋さん。

20〜30ユーロ位、色合いが素敵なのでGet。

肩からかけてみて、ギターのストラップにならんかなーと思いながら短いなーとやっていたら

おじさんがパソコンで「ギタレ」といっていくつかギターのストラップを見せてくれた。

というんか、売ってくれよ!!!!日本でオーダーしたら買ったら3万円するんですがっ!!!

既にワインが3本もあるのでもーえーと思っていたんだけど、日本人がやってるお土産屋さんに遭遇。

屋上が絶景というので登らせてもらう。

あれやこれやと試食し、結局、黒ワインと、トリュフペースト等65ユーロも買ってしまった。

日本人の好みがあってるのか、めちゃくちゃ赤(ここでしかないらしい黒)ワインもペーストもおいしかった。

買うお客だと分って更にあれやこれやと食べてみろと言われたけど、他のは大体食べんでも分るといってお断りした。

アルベロベッロからマテーラへ

ホテルの受付のおねーさんのおかげで、格安で80ユーロでマテーラへ

迎えに来たのは、細マッチョなアウディに乗ったお兄さん。

大体1時間10分くらい、牧場ばっかりの道を通りマテーラのホテルへ

おとんの運転が荒いのでおかんも飛ばす運転(下手な訳じゃない)に慣れてるからいいけど

怖い人は怖いと思うな。
posted by ろっくる at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

ファンシーでメルヘンな宿Charming Trulli

2011_0607日々0119.JPG2011_0607日々0120.JPG2011_0607日々0121.JPG2011_0607日々0122.JPG2011_0607日々0126.JPG2011_0607日々0135.JPG2011_0607日々0136.JPG2011_0607日々0140.JPG2011_0607日々0145.JPG2011_0607日々0090.JPG2011_0607日々0146.JPG2011_0607日々0095.JPG2011_0607日々0097.JPG2011_0607日々0098.JPG2011_0607日々0099.JPG2011_0607日々0100.JPG2011_0607日々0101.JPG2011_0607日々0112.JPG2011_0607日々0060.JPG2011_0607日々0070.JPG2011_0607日々0073.JPG2011_0607日々0080.JPG

アルベロベッロに着くと、かなり観光地化されていてイタリア人というか
西洋人が遊びにバカンスにきている感じ。日本人も沢山いると聞いていたが
まぁ、ちらほら。お土産屋さんは日本語が書いてあったり、「見るだけ、OK」と
誘ってくる。

ホテルの受付を見つけると普通のビルだったので、えっ、今日はとんがり屋根のところに
泊まるつもりでいたんだけど・・・と思いながら、予約表をみせて、これはここかと英語で聞くと。

日本人が「どうぞどうぞ」と、おー、3日目にしてまともに日本人。

2日前にイタリアに戻ってきたらしく丁度良かった。日本のおかしをあげたら喜んでいた。

明日のマテーラの移動がまた面倒だと思い、聞いてみると80ユーロで

提携してる(一般のなのかな?)人が送ってくれるみたいなのでお願いしたが、

カード読み取るのがうまくいかず現金で支払い。

案内されたホテルは超ロケーションがいいところ。

とてもファンシーでメルヘンチック、寝室が二つあり風呂場もバスタブがあり快適。

早速周りを探索しようとすると、お土産やさんばっかり
しまも、安いので、お店に入る旅に何かを買っては宿に(といっても通りのなか)
においてを繰り返してた。オリーブの木の職人のおじさんが、ピノキオをごりおしてくるので
買ってあげた。ワインの試飲を薦められたので、違う奴も飲ませてくれっていって
そっちのがおいしかったら、そっちのが高かった。たまねぎのジャムをごりおしてきた。
ここらのお土産屋さんはごりおしだ。

で、昼ごはん食べた時は、こんなおいしいのまた食べなそんやから晩もレストラン行こうと
思ったが、とても外で食べると量が食べれないので予定通り自炊で。

肉屋さんに行くと、肉をロールしたり加工したものが沢山売ってて
ウインナーだけ湯がこうと思い頼んだ。
他のより値札が高いので800円くらいするのかと思ったら1.2ユーロくらいだった。
パン屋さんで、ピザみたいなハムサンドみたいなのとピロシキみたいなんとビールを買った。
市場を見つけると、それまで俺の前に歩く事がなかったおかんが先に行った。

ブロッコリーみたいなんとトマトを買ったら1.2ユーロくらいだった。

パン屋さんでハムのパンと、panzerottiってピロシキみたいなんとビールを買った。

一流シェフ(おかん)をつれての旅、任すわというと15分くらいで晩御飯が出てきた。

硬いぶろっこりーみたいなんとウインナーを機内食でGetしておいた塩で湯がいたが
ウインナーからすんごいアクが出て取り除いた。

出来立てのウインナーはなんか強烈な感じがしたが、食べていくうちになじんで美味しかった。

ら、おかんが、茹でたてより締まっておいしくなったんやと解説。

ドライヤー、スリッパ、歯ブラシ、包丁がない。
posted by ろっくる at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月17日

アルベロベッロのMiseria e Nobilita'で贅沢ランチ

2011_0607日々0026.JPG2011_0607日々0027.JPG2011_0607日々0029.JPG2011_0607日々0034.JPG2011_0607日々0036.JPG2011_0607日々0041.JPG2011_0607日々0045.JPG2011_0607日々0046.JPG2011_0607日々0053.JPG2011_0607日々0054.JPG

予定どおりにはなかなかいかないもので、アルベロベッロに着くと、
ホテルが15時チェックインだったが受付に行ってみると誰もいなくて
行こうと決めていたレストラン(la locanda di don antonio)は
14時前くらいだったと思うが閉まっていた。

結局、ポポロ広場で流行ってそうなオープンテラスのお店にすることに。

相変わらず英語のメニューを見ても単語がわからないのでちんぷんかんぷん。

で、サラダを30種類はあるであろう具材から選ぶのがあったんだけど

僕は、チキン、パルマハム、グリーンサラダ、トマト、ブロッコリー、ルッコラを
頼んだつもりがちょっと違う。

おかんは、野菜だけがいいというので、3つくらい選んで、あとは任すといったら
理解できませんと言われたけど、出てきたのはトマトが沢山で美味しそうだった。

日本人がよく来るのからか、昼からそないに飲まないのか、ワインを頼んだらグラスか
と聞かれたけど、ボトルでローカルヴィアンコワインと頼んだら

アルベロベッロ手書いてあるIL SELVAというナンバー付のが出てきた。
任せたらそのお店にしたら若干高めくらいのを出してくるんだと思う。
15ユーロだった。

あんまり、色んなワインをせめても分らないので、僕は白のローカルワインであんまり甘くないの
って頼むことにしている。シチリアに行った時もそれでずーっとおいしいのが出てきたので・・・

で、このIL SEIVA すっきりとして口当たりがよい。
香りも味もきつくない感じでおいしかった。

で、ここはプーリア、耳たぶのパスタを食べなくちゃいけない。

俺は耳を指差してオレキエッテというと、メニューを指差そうとしてたけど
どーせ見てもわからないんだろうと思ったのか、トマトかチーズがバジルかというので
トマトに、食感がもっちり歯ごたえがあって最高だった。トマトは赤ワインを入れてるのか
よくわからないんだけど、トマトケチャップは絶対いれてないと思う食べた事のない
トマトソースだった。激ウマぁ。

おかんは、リゾットって書いてる文字だけで判断して頼んだリゾットはサフランと
小さいイカ(皮をとったやりイカか蛍イカ)のリゾットだった。
食感は最高だし味もよかったんだけど、ちょっと塩味がきつかった。

おやつを食べようとして薦められたのが
「MOUSSE AL CIOCCOLATO」で、あなたはチョコレート、あなたはチョコレートって言われてるようで頼むのにだいぶ時間がかかった。。。

1つでいいって言うのは通じてスプーンが2個出てきた。
めっちゃ食感と伸びがいいチョコアイスだった。

Miseria e Nobilita'
P.zza del Popolo 28/29, 70011 Alberobello, Italy
posted by ろっくる at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

イタリア国内移動

2011_0607日々0011.JPG2011_0607日々0012.JPG2011_0607日々0013.JPG2011_0607日々0017.JPG2011_0607日々0019.JPG2011_0607日々0023.JPG

今回の旅、南イタリアのアプローチはバーリからと決めていた。

で、バーリへの行くにはローマからの便はなくミラノからしかないかったので
日本からはミラノにしたのだけど、ミラノには関空から直行便がなかったのでKLMにしたんです。

よくよく考えると、国際線だけHISでとって、国内線は自力でアリタリアのサイトでとるか、格安チケットでとったらよかったなーと今は思ってます。ミラノ→バーリの航空券を追加するだけで、
3万円/1人くらいかかったような覚えがありますが、正規だと2万円、格安だと5千円とかなので・・・。

で、チェックインだけど、Eチケットが関空〜アムステルダム〜ミラノ〜バーリ〜ローマ〜関空港と
沢山書いてあるので、それだけを見せて、どこいったらえーんかと聞くと、まともに見るのがメンドクサイのか
日本語交じりがメンドクサイのか分りづらそうだったので、指さしてバーリといったら通じた。

リナーテ空港でおかんはちょっとお土産を買って、僕も何か買おうとおもってついでに歯ブラシを買おうとしたら、
いいお土産がなく歯ブラシを買うのを忘れた。ら、ミラノに続き、アルベロベッロも歯ブラシがない。チーン。というか、このたびで歯ブラシが付いてるホテルは無かった。

飛行機に乗る際は、超特大バスで飛行機の際まで行って、首相みたいに階段で登る。
機内でジュースとビスケットが出たが食べてばかりなので遠慮した。

バーリに着いて、元々の予定はバーリを観光してからアルベロベッロに行くつもりにしてたが
あまりおかんを疲れさせてはいけないと思い直接アルベロベッロでタクシーで行く事に。

南イタリアは英語がかなり通じなくなってくるので、英語が話せるかと聞いたら4人中1人くらいしか分らない模様。

とりあえず、「アルベロベッロに行きます。いくらですか?」「100ユーロ」「高い」というと、なにやら紙を
出してきて、「アルベロベッロは遠い、この紙に120ユーロと書いてるだろ」という「じゃ、100ユーロでいい」というと
英語が話せない人のプジョーで。

高速?でブドウ畑と思われるところと、住宅地(ちょっと渋滞)を過ぎてアルベロベッロのポポロ広場に到着。

びっくりしたんは、途中に「IKEA」があったこと、ついたホテルのTV台がおれんちのFAX台というだった、1500円くらいの。。。

メータは途中10分くらい住宅地でなんでか渋滞に巻き込まれ112ユーロくらいだったが、100ユーロ払った。

ついたはいいんだけど、ガイドブックの本のマップがばっくりしすぎてて
というか、方向音痴なのかホテル探すのに苦労してた。
おかんを大きな通りにおいて、うろうろ・・・

新婚さんがいたので写真をとりました。行く途中、沢山、ウエディング服やさんが
あったので、ここで結婚する人多いのかも・・・。

まぁ、これでもいいお客様なんだろう。
posted by ろっくる at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月16日

ミラノの4つ星ホテル マルコーニの朝食

2011_0607日々0003.JPG2011_0607日々0004.JPG2011_0607日々0005.JPG2011_0607日々0006.JPG2011_0607日々0007.JPG2011_0607日々0008.JPG2011_0607日々0010.JPG

ミラノで泊まったホテルは一応4つ星、日本の星からマイナスしたら丁度かな。

どこかのレストランかケーキ屋さんと提携してるのか、2日ともケーキが3、4種類あった。

僕らだけ、パンにフルーツにハムにチーズにって食べてるけど

ミラノの方はケーキを2、3個だけにカプチーノってパターンが多かった。

イタリア人はケーキが好きなんだろう。

言葉は分らないけど、みんな出る時に、手で軽く合図して挨拶?して出て行く。

で、チェックアウトして、

ミラノのからバーリへ移動するために、ホテルにタクシーを呼んでもらった。

2分で来るといったけど、1分もたたずに来たと思う。

迎えに来たのはベンツワゴンだった。ホテルに30ユーロって書いてあったので、

高いなと思いながら仕方ないなーと思ってたら、16ユーロだった。

20ユーロ札だすと1ユーロないかと聞かれたので18ユーロ払うといっておつりをもらった。

運転手のおじさんはめちぇくちゃ運転がうまく、50のところ140で走ってあっちゅー間に着いた。マイル表示なんかな?だったら、140マイルってどんくらいのスピード??

国内と国際で場所が違うらしく、バーリに行くといっていい感じのところで降ろしてもらった。
posted by ろっくる at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

シエスタしてサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会とか散歩

2011_0606日々0004.JPG2011_0606日々0008.JPG2011_0606日々0011.JPG2011_0606日々0013.JPG2011_0606日々0015.JPG2011_0606日々0018.JPG2011_0606日々0019.JPG2011_0606日々0023.JPG2011_0606日々0024.JPG2011_0606日々0025.JPG2011_0606日々0036.JPG2011_0606日々0037.JPG

長い飛行機の旅&時間差で結構眠たいのでホテルで昼寝をする作戦をとっている。

いわいるシエスタをしてから、ナヴィリオ運河のほうに地下鉄で散歩に行った。

肝心な運河の写真を撮るのを忘れたが
運河付近は観光というより地元の人に人気な感じがした。

サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会の前を通って途中ジェラートを買って食べた。

すれ違う人がたくさん食べてたから。。。ジェラートを食べだすとあめが振り出した。

行きたいと思っていたジェラートの「GROM」があった。

んー、やっぱり人気店のそっちは混んでた。お、おしい。

ま、僕のジェラートも美味しかったけどやっぱ人気のお店で食べたいってのはある。

途中、イタリア旅行中 唯一のギターショップがあった。
「Prina」って読むのかな?訳そうとしても無理なので間違いかも。。。
で、肝心なギターですが、イタリアといえば、ロケットギターで有名な
「EKO」がありますがそんなのは見当たらず、超売れ線の中級〜上級者が使いそうな
もんばっかり売っていてイマイチ面白みにかけたなー。
日本の大型量販店の囲ってあるとってイメージ。

あとは、すんごいディスプレイの肉屋さんがあった。
お腹が元気なら是非入ってみたいのだが、一日昼か夜かどっちかしか
がっつりは食べれそうにないので、スーパーと言うか惣菜物屋さんというか
デパ地下みたいなとこで、タコのマリネと、わかさぎの南蛮漬けみたいなんと
パン、チーズ、ブロッコリーのゆでたん、ワインを買って帰ったが、
ワインオープナーがなくてお土産に・・・

オリーブが数種類あったけど茶色いのだけ売れていた。どーちゃうんやろ?

で、おかんと、ホテルのmini barの水とビールで乾杯して
惣菜を食べたのであった。

この「MAURI」ってチーズのブランド人気なんかめちゃめちゃ量を置いてあった。
そのまま食べたけどおいしかったなぁー、パッケージを見るとパスタがどうのって書いてあるから
パスタに使うのかな?
posted by ろっくる at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

日曜のミラノの昼飯は困った

2011_0605日々0179.JPG2011_0605日々0180.JPG2011_0605日々0181.JPG2011_0605日々0182.JPG2011_0605日々0183.JPG2011_0605日々0184.JPG2011_0605日々0186.JPG

僕が拠点にしているホテルはミラノのど真ん中。

昼飯に困るとは思ってもなかった。

ガイドブックに日曜日は休みと書いてなかったのに蹴られるわ

レストランが立ち並ぶって書いてるエリアは、インド料理屋と
中華料理屋しかあるいてなくふられまくり・・・。

やっと普通のレストランに入った。

みよ、このカプレーゼ!

トマト2、3個に、チーズがまるごと1個。

なんとも豪快!

おかんが食べたかったトマトパスタはシンプルでおいしかった。

日本で言うあるデンテには程遠いゆるくて粉っぽい食感な麺。

庶民的なお店であまりおいしさを期待してなかったので

ピザは食べたいのというより、パルマハムが食べたかったのでパルマハムのピザに

塩っ辛いがおいしい!1/3くらいだったらもっと美味しく食べれるのにね。

奥にいたイタリア人はアホほど料理を食べていた。

ほんとは僕らもそれくらい食べなあかんかったのか?
39.5ユーロだったので、41ユーロ払った。

カプチーノはなにやらRUOI、RUO?って書いてくれたけど

作った人の名前なのか、なんなのかわかんない。

posted by ろっくる at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月15日

センピオーネ公園でみた中国人の集団結婚

2011_0605日々0170.JPG2011_0605日々0172.JPG2011_0605日々0175.JPG

綺麗で広いセンピオーネ公園を歩くと
なにやら結婚式をやっている。
これはめでたいと近づいてみると中国人だった。
友達?もたくさん読んでる模様。
へーと思って、公園をさらに歩くと。

いるわいるは中国人。なんと、4組、軽〜く200、300人規模と思われる。
統一★会的なんか、すんごいお金持ちがぜーんぶ旅費を払ってるのか不明だけど
圧倒されました。いまや、中国人は世界一の金持ち?
posted by ろっくる at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月14日

スフォルツェコ城とか

2011_0605日々0139.JPG2011_0605日々0140.JPG2011_0605日々0141.JPG2011_0605日々0144.JPG2011_0605日々0149.JPG2011_0605日々0152.JPG2011_0605日々0157.JPG

ミラノで行こうと計画してたのはドォオーモとスフォルツェコ城くらいです。

お土産のお菓子類を買ってからは無計画に歩く

するとカジュアルブランド店が立ち並ぶところで、

閉まってるお店のショーウインドーの靴が素敵だ。

で、歩けそうな距離に、たまたまよさげな建物が・・・。

着いたら観光客がもりだくさん、それは行こうとしていたスフォルツェコ城でした。

途中、おかんが、昨日、食べた奴があるという。

もるとたしかに・・・・。ジョイアで食べた緑の丸い奴が・・・。

posted by ろっくる at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

ミラノの洋菓子店Giovanni Galli(ジョヴァンニ・ガッリ)

2011_0605日々0113.JPG2011_0605日々0127.JPG2011_0605日々0128.JPG2011_0605日々0129.JPG2011_0605日々0130.JPG2011_0605日々0131.JPG2011_0605日々0132.JPG2011_0605日々0133.JPG2011_0605日々0134.JPG2011_0605日々0135.JPG

ミラノのメインどおりガレリア近くのグッチのカフェでチョコレートを買いたかったのだが
朝と夜の2回通ったが開いてなかった。

日曜は駄目だなー、9割5分閉まってるんよねお店が・・・。

スカラ座は仮面がどうのっておかんが言ってた。

年の功なのかスカラ座は仮面がどうのとか色んな事を知っている。

すぐ近くのトラサルディは偉いライトアップ。

で、狙っていたお菓子屋さんでお菓子を沢山ゲット。

店内は、カファレルのチョコやキャンディーを中心に手作りチョコが並んでいる。

俺は50ユーロ、おかんは60ユーロくらい購入。

色々聞いたけど全部教えてくれた。

マロングラッセは日本になりだろうと言っていたが

ツマガリであるんですが!

で、めちゃ気になったのが、チョコから葉っぱが出てる奴。

これトマトの小さい、若い奴?をチョコレートにした
ミラノスペシャルらしい。

マロングラッセが超有名とのことだったが、

僕はそれよりチョコから葉っぱが出てるのが気になっていて、
実際食べるてみると両方、超・超、エラモルトボーノ!

間違いなくマロングラッセの食感がソフトで今までで一番おいしい!

トマトの方もチョコ・酒・トマトになってて激ウマでした。

沢山買ったので店内の写真を撮っていいか聞いたら心よくOK。

後から知ったが、JALのマイレージを見せると割引になるらしいがほんとうなんかな?

近くで古い紙幣やコインを沢山路上で売っていた。

近くのジェラート屋さんが超絶に人気だった。

何が楽しいのか、じじいの趣味なのか結構活発に売り買いしている様子に見えた。

posted by ろっくる at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

ミラノのドゥオーモでイタリア最大のゴシックを堪能

2011_0605日々0078.JPG2011_0605日々0081.JPG2011_0605日々0093.JPG2011_0605日々0101.JPG2011_0605日々0120.JPG

6/5(日) 

あいにくの雨だったが、地下鉄でドゥオーモへ

地図と路線図を持ってたので迷うことなくいけた。

朝早かったが、自衛隊か警察みたいな人にボディチェックされて中へ

お金がかかると思っていたのにかからなかった、日曜だからか?

夕方にも通ったら、今度は中に入れなかった。入れてラッキーだったみたい。

中にちいさなグッズ売り場があって、15ユーロくらいの十字架のネックレスとかが

めっちゃ欲しかったが、空いてなかった。

結局、ローマのサンププエトロ大聖堂のお土産が最強によかったので結果的に別に良かった。

中で真剣にお祈りしてる方がたくさんいた。

写真はとったら駄目だったみたいなので撮ってないが

観光客が入ったらいけない所があるらしく、ちょっと怒られた。

お祈りしている女性が、他の写真をとってるアジア人に。

「しぃ、しぃっ!」とかなり怒っていた。

地域の方の邪魔をしたらいけないな。一緒にいったおかんは外壁の細かなところに

凄い凄いの連呼だった。

近くに、ウマのモニュメントがあって寝ている。イタリア人はよく寝るからな。

マネキンがめちゃハイセンス。待ち行く人も紫の着こなしがいい。
posted by ろっくる at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月13日

ミラノの朝はカプチーノとおケーキだぜ

2011_0605日々0074.JPG2011_0605日々0073.JPG2011_0605日々0071.JPG2011_0605日々0070.JPG2011_0605日々0069.JPG

イタリアの朝食は日本のホテルのビュッフェと比べると品数が少ないです。
日本人てあれもこれも欲しがり好きですね。

二度目のイタリア、初めての時「カプーノ」って発音していて、よく「プチーノ」って言い返されたので、今回はだいぶと発音がましと思う。

で、7時半ぐらいだったかダイニングルームに行くと数名のお客さんが朝食をしていた。

やっぱり日本人が珍しいのか入るとちらっと見られた。

おかんと僕はいろんなものをとって食べるが、外国の方というか現地の方はみなケーキを2個くらいとカプチーノみたいな感じのような。。。

で、よくあるビュッフェなのだが、イタリアの中だとフルーツも豊富でかなりゴージャスな部類と思われる。ただ4つ星ホテルでこれか!?と初めてのイタリア旅行の人だと思うのかな?

クロワッサンに砂糖がかかってるのを見落としてたがなかにオレンジの少量のジャムが入っていた。
まぁ市販の味って感じ。
朝から、お菓子もというかケーキが沢山。

牛乳ゼリーが丁度来たのでいただいた、ちょっと甘すぎだったかで手作り感があっておいしかった。
カプチーノも美味しくて綺麗。

posted by ろっくる at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

ミシュラン星付の創作野菜の店「JOIA(ジョイア)」に

2011_0605日々0028.JPG2011_0605日々0032.JPG2011_0605日々0034.JPG2011_0605日々0035.JPG2011_0605日々0036.JPG2011_0605日々0038.JPG2011_0605日々0040.JPG2011_0605日々0041.JPG2011_0605日々0042.JPG2011_0605日々0043.JPG2011_0605日々0044.JPG2011_0605日々0045.JPG2011_0605日々0048.JPG2011_0605日々0049.JPG2011_0605日々0051.JPG2011_0605日々0052.JPG2011_0605日々0054.JPG2011_0605日々0056.JPG2011_0605日々0057.JPG2011_0605日々0058.JPG2011_0605日々0062.JPG

ホテルで、ガイドブックを見せながら、このレストラン「ジョイア」を
予約してくれとお願いしたら、一応電話してくれたんだけど出ないとのことで、
近くのピゼリアがボーノと名刺をくれて薦めてくれた。

過去の経験から、一度、空いてないとか、あっちだとか言われてもすんごい適当な国だと知ってたので外は明るいし直接「ジョイア」に行く事にした。

そんなに方向音痴でもないんだけど、ちょっと迷ってしまい、市民公園らへんをお散歩に

ジョギングというは結構本気で走っている人が何人もいた。

綺麗な女性も沢山走っていて後ろからパシャリ。
運動してるのに豊かな胸、日本人とは違うな。

で、お店に着くと、店の前に、人がいて
「じょいあ?」ってきくのでそうだというと、
ブザーみたいなんを押して入った。どうも、鍵がかかっているのかな?
予約してますかと聞かれたけど、してないと答えたんだけど
ジャケットはなくてもいいみたいなんかぬがなくていいか何かを言われたんだけど
ジャケットはいるかったんだろうか?

一応、革靴とスラックスをもって行って着替えて行ったんだけど・・・

店に入るとやっぱり客層は違うなーと感じたけど
スーツの人が半分くらい、ちょっと綺麗なかっこうが1/4くらい
1/4くらいがTシャツのラフな格好。
結局、ドレスコードってここでないんならもーねーよって思った。

英語は話せるかというから話せると答えておきながら
半分くらいしか分らず色々説明をうける。

聞かれたのは
前菜から選んでもらうか、コースを頼むか?
お水はどうする?
ワインはどうする?

英語のメニューを貰うも、なんのことかさっぱり分らんので65、80ユーロのコースから
20時台とはいえ深夜なので品数の少ない65ユーロのコースで。

ワインは白のこの地方のを選んでもらった、でてきたのは、
LUGNAというので、白なのに随分ハーフロックウイスキーみたいな色の黄色茶色いのが出てきた。
とても香りがウイスキー的というのか香り高くておいしかった。
1999年製だったので、めちゃ高かったらどーしよと思ったけどこのお店なら普通なのを選んでくれたよう。

食後にデザートを選ぶときに、甘い食後酒があるけどどうするというので
コーヒというと違うと言われてとりあえず、1つだけ頼んだ。

言われるとおりかなり甘い白ワインだったけど、元々頼んだ白ワインと香りが似ていた。

後から、日本のカップルが入ってきて、料理メニューと、ワインリストを見て
ワインリストの方が適当に選んでたけど、料理のほうは散々考えたようだけど結局コースにしてた。
英語が読める人でもわからなさそうなメニューと思われる。

日本でもメニューが長ったらしいの多いからね。

英語がわからんけど、コースのほうも、

New Dayとか、The Flower of goodって
新しい日と、良い花って、どんな料理やねん!!

で、色々説明してくれるんだけど、食材そのものの単語をあまり知らないので半分くらいしか分らかった。

結論的には、うまい!というのはなかったけど、どれも食べた事のない癖のある料理でした。

量が少ないしそもそも野菜なので、初日じゃなかったら高いコースにしたと思う。

パンが酸味のあるカンパーニュでおいしいかったけど、蒸篭はないやろと思った。

お店の人は高級店かホテルかって接客でしたが、別に日本の高い店と変わらないので
なーんも緊張しなかったが、結果的にはこの度一番凄い店だった。

となりの外人はミシュランの赤い本を持ってた。

おかんは、でてきたんはあれだけやけど相当野菜の量を使ってるなぁ、ほとんど野菜だけで
かためる技術は凄いなー、でもなんだかよくわかんないみたいな感想でした。

まぁ、ずーーーっと、イタメシを食べさすわけにもいかなかったのでいい経験が出来たと思う。
posted by ろっくる at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

リナーテ空港からミラノ中央駅まで

ミラノのリナーテ空港に着いたのは19時頃でしたが外は明るくバスでミラノ中央駅に行ってもいいなーと思いましたが、ガイドブックで、15−20、25−30ユーロでミラノ中央駅まで行けると書いてあったのでバスで4×2より荷物もあるしえーなと思いTAXIにしました。
駅を出るなり、プラカードしてるジェントルマンがTAXIだけどどう?って話しかけてきたが
白タクも多いと聞いているので無視した。

TAXI乗り場に着きガイドブックの「ホテルマルコーニ」を指差すも、イタリア語でべらべらしゃべり、チャイニーズはわからん的なこと言うので「DO you speak english?」って言ったら、その後は英語を話してくれた。
結局、16.5ユーロ位だったので20ユーロ渡して18ユーロ払うって言った。
これで、なんかのチップができてよかった。ホテルの中に書いてあるのは30ユーロだった。
posted by ろっくる at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

あっちゅう間のトランジットでアムステルダム

2011_0605日々0022.JPG2011_0605日々0021.JPG2011_0605日々0018.JPG2011_0605日々0015.JPG

ろっくる@時差ぼけにも程がアル。

KLMを選んだ理由は乗換えがある中で、乗換え時間でかなり時間が短い事と変な時間じゃなかったことです。前回はキャッセイで間の時間があって香港でちょっと遊んだんですがイタリアだけにしたかったんです。直行便と変わらないんちゃうんてくらい便利です。
それを狙ってたんですが、直行便てアリタリアしかなく、帰りはアリタリアなのでKLMで行き帰りで違う航空会社でなかなかいいチョイスだったと思う。

アムステルダムは1時間半くらいしかなかったんでなーんもせずあっちゅう間でした。
ほんとにチューリップしか印象に残ってません。

アムステルダムからミラノ(リナーテ)もKLMでしたが、
ちゃっちい飛行機で客席がぺらんぺらんです。ハワイの国内線もそうですが、よーこんなんで飛ぶなーと思いますが

国内線であれだけの装備・サービスをするJALは偉いのか無駄が多いのか微妙というか
日本もこんなんでえーんちゃうんと感じました。

おやつ?ででてきたサンドイッチはハムもチーズもセサミバンズもおいしいサンドイッチでした。

リナーテに到着すると、手荷物の控えも確認せずにでれました。これ、俺の荷物ぱくられることないんかええかげんな。。。
posted by ろっくる at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

KLMオランダ航空って

2011_0605日々0009.JPG2011_0605日々0010.JPG2011_0605日々0002.JPG2011_0605日々0006.JPG
ろっくる@んー昼寝4時間はやり過ぎだろう。。。

イタリア旅行はまず、KLM利用で関空からアムステルダムまでの11時間35分の旅でした。
実際は15分早く着いたそうです。
印象的には、前回のキャッセイパシフィックより全体的にましかなーと感じました。

席は、横が3席×3なので窓際じゃなく通路側を希望してました。
2ヶ月ほど前に予約してたからかHISの人がよかったのかトイレのほぼ前のいい席でした。

良かったのは食事が昼飯と、到着2時間前の2回ご飯が付いてましたが
その前に、ホットなおしぼりをくれる事です。

食事は、お世辞にもおいしいとは思えないので半分も食べてません。
スタッフは沢山いて日本人が2、3人もいましたので安心でした。
ワインが小さいボトルでいただけたので、それでちびちび飲みながら寝てました。

お客さんの8割以上は日本人でした。

おちなし。。。これからどんどん面白くなっていくから(汗)
posted by ろっくる at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月12日

とりあえず帰ってきました

ろっくる@時差ぼけが激しいです。

おかんと行くイタリアの旅、大きな問題もなく無事帰ってきました。

写真は1000枚以上とってますし、PC持参で毎日色合い調整済みで
ポイントポイントでは軽くメモを打ち込んであります。

これから、1週間くらいはダイエットをかねて料理はあんまりせず、
おにぎりと豆腐生活しようかなーと思います。

が、かわりに毎日イタリアの旅行記を書きます。

我ながら、物凄いたびになったなーと思ってます。カードの支払いが!

じゃなくって・・・・。

お土産はスーツケースが35Kgとありえん重さなので、

早く僕と遊ぶと何かもらえるかも・・・

早速、今夜も友達が遊びにきます。

あー、今から、ネットで現像処理せな。。。
posted by ろっくる at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011

2011年06月04日

いよいよイタリアへ(予定)

2011年6月4日(土) 10:30 関空 オランダ経由 18:40ミラノへ


気分しだいですが、タクシーでミラノ中心部に行ったらいきなりJOIA(ジョイア)って
ミシュランにものるような創作野菜のお店を予約してもらって行く。
他の候補は、AALTOPASCIO(アルトパーショ)、BOsteria del Treno

06月05日(日)
とりあえず朝から、地下鉄のチケットを買って@ドルオーモ、Aスフォルツェスコ城 に行って、
「GROM」などのジェラーは食べる。

06月06日(月)
朝から ミラノ〜南イタリアのバーリへ移動

空港からはバーリ中央駅前までのシャトルバス(TEMPESTA社)で駅ホームに出て左側荷物預ける(4ユーロ)
@Terranima AGIAMPAOCOでランチ 食べたら、頑張ってアルベロベッロへ電車でいけるか
30分くらいは挑戦してみる、駄目なら、70ユーロくらいでタクシー

とんがり帽子の家に泊まるのだが2、3部屋あってキッチン付きなので料理したいと思う。

06月07日(火)
タクシーを使って(70ユーロとか) マテーラへ移動。
 幻想的な夜の街を堪能し、Il Cantuccio ってレストランに行く予定。

06月08日(水)
8時〜自由ハイヤーでポンペイ観光(2時間)しランチ
   一応21時まで自由にしていいらしいので、ラベッロとか経由でアマルフィへ

06月09日(木)
フェリーでポジターノ観光し、皮のサンダルを買う。

06月10日(金)
アマルフィからナポリにバス(2時間)でいき中央駅で荷物を預ける。ナポリでピザを食べる。


卵城、考古学博物館、美術館を気分で廻って

ネットでとった新幹線(ES)に乗れるんかが勝負?Napoli(15.35)Roma (16.42)

夜にトレヴィの泉に行く、駅でお土産を買いあさる。

06月11日(土)
早朝からホテルかテルミニ駅に荷物を預けてローマ観光
夕方 ローマから関空へ岐路

難しそうなのは3点ですが1つでも出来たら万歳かな?

一応PCを持ってくので3日に1回くらいは更新できるんじゃねーのと思ってます。

前も重たかったけど臨場感あふれる日記で面白かったので。

じゃ、行ってきます。色々相談のってくれた方ありがとう。
posted by ろっくる at 06:31| Comment(3) | TrackBack(0) | イタリア旅行2011
ランキングに参加中! 一日一回「ぽちっとな」していただけると 元気がでます!ぴかぴか(新しい) にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
人気ブログランキングへ